アスパラガスの栄養成分アスパラギン酸の効果!疲労回復や尿の排出に

asuparagasu

アスパラガスの栄養

アスパラガスにはビタミンAやビタミンB2、ビタミンK、葉酸、カリウムなどの栄養素が含まれてます。

 

そして、最も注目すべき栄養としてはアスパラギン酸と呼ばれる栄養素です。

 

アスパラガスには、緑色のグリーンアスパラガスと淡色のホワイトアスパラガスがありますが、アスパラギン酸などの栄養面を考えた場合にはグリーンアスパラガスの方に軍配が上がります。

 

健康のために食べるならホワイトアスパラガスよりもグリーンアスパラガスです。

 

アスパラガスの疲労回復効果

体が疲れた時には、カリウムやマグネシウムなどの栄養を補給することが大事ですが、アスパラガスに含まれるアスパラギン酸と呼ばれるアミノ酸はこのカリウムとマグネシウムの吸収と細胞内に取り込む効率を上げてくれます。

 

さらにアスパラギン酸は、疲労物質である乳酸を早く燃焼させて、エネルギーに変える力もあり、これらの効果によって神経や筋肉の疲労回復に効果を発揮してくれます。

 

アスパラガスはアンモニアを排出する効果もある

アスパラガスに含まれるアスパラギン酸は、体内での循環器系に入ると毒性を持つことになるアンモニアを体の外へ排出する効果があります。(古代エジプトでは利尿薬として使用されていた記録も)

 

これは尿の合成を促すことによってもたらされる効果ですが、この効果によって体内に毒性を持ったアンモニアを排出ことによって、結果として中枢神経を守ることにもつながっているとされています。

 

さらには、神経伝達物質の原料にもなるところも見逃せません。

 

ただし、アスパラガスを食べる場合に注意しなければいけない点は、がんの種類によってはアスパラギン酸を取り込むことによって、元気になってしまうものがある事。

 

この点だけは注意しておくべき副作用ともいえるものです。

 

アスパラガスの効果的な摂り方

アスパラガスは調理してアスパラギン酸ととるために簡単で効果的な方法としては、少しかたさが残るぐらいに茹で、そしてすぐに冷やすやり方です。

 

こうすることで水に溶けてしまいやすい水溶性のビタミンの損失を抑えながら、また歯ざわりもおいしく食べることができます。
簡単ですが、栄養面でもおいしさの面でもメリットのある調理方法です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ