アーティチョークの栄養成分と効果効能やアレルギーの注意点!

athityoku

アーティチョークの栄養成分

アーティチョークの主要な栄養成分としては

・フェノール酸

 クロロゲン酸、シナリン、カフェ酸

 

・苦味質

 シナロピクリン

 

・フラボノイド配糖体

 スコリモサイド

 

・フェストステロール

 タラキサステロール

 

また、カリウムやカルシウム、鉄などのミネラルや食物繊維も豊富に含まれています。

 

アーティチョークの栄養から得られる効果効能

アーティチョークに含まれる栄養には胆汁の分泌を促すなど、肝臓の働きを活発にする作用があることで知られています。

 

これは葉に含まれている苦味質であるシナロピクリンによるものですが、肝臓の解毒作用にも優れていることから、お酒を普段からよく飲む人にはおすすめです。

 

お酒を飲んだあとにアーティチョークティーを飲んでおくと、二日酔いの効果もあります。
(仕事の付き合いなどでお酒を飲む機会が多い人は、アーティチョークティーを日常的に飲むと効果的です。飲みやすい飲み方としては、アーティチョークとペパーミントを3対1でブレンドすると飲みやすくなります。アーティチョークティーはお酒で割って飲むのもいい方法です。)

 

また、消化を促進する作用もあるので、食べ過ぎや胃もたれしてしまうような脂っこい食事をしたあとにも効果を発揮してくれます。

 

さらに、他にはコレステロール値を下げる作用もあるので、メタボ対策としても有効で、夏バテ、神経性の食欲不振、糖尿病の予防、便秘の改善などにも効果があるとされています。

 

アーティチョークのアレルギーには要注意

アーティチョークやキク科の植物にアレルギーがある人は使用は避けるようにしましょう。

 

特に、胆道閉鎖や胆石がある人はアーティチョークを使用する場合は必ず担当医に相談するようにしましょう。

 

シナロピクリンなどがアレルゲンになる可能性があります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ