イワシにはEPAやDHA、カルシウムなどの栄養が豊富!

iwasi

イワシの栄養

イワシは魚屋さんやスーパーなどで手軽に購入することができる魚ですが、イワシの健康効果は非常に大きいものと言えます。

 

イワシにはEPAやDHA、カルシウムなどが多く含まれています。

 

これらの栄養素はどれも現代人が不足しがちな栄養素で、また不足すると生活習慣病などになるリスクも高くなる栄養素です。

 

ここではそんなイワシの栄養素について解説していきたいと思います。

 

イワシに含まれるEPAは血液をサラサラにする

イワシにはEPAが多く含まれていますが、含有量としてはマグロの刺身やさばよりも多く含まれています。

 

EPAには血管を拡張し血液の流れを良くすることによって血が固まるの抑えて血液をさらさらにする、悪玉コレステロールを減らして、善玉コレステロールを増やす、中性脂肪を減らす、弾力のある血管を端つなどの効能があります。

 

また、DHAとタウリンにもコレステロールを減らして、血圧を正常にする働きがあります。さらに、血行を良くして、若々しい血管を保つためのビタミンEも豊富です。

 

動脈硬化、高血圧、脳梗塞、心筋梗塞などの生活習慣病を防ぐためにはイワシは心強い味方です。

 

イワシのDHA。頭がよくなりボケの防止にも効果的

DHAには、EPAと同じようにコレステロールや中性脂肪を下げる作用がありますが、それ以外にも脳を活性化させ、神経の機能を強くする働きがあります。

 

青魚を食べることによって頭がよくなる、記憶力がアップするといわれるのはEPAの脳を活性化させる作用があるためです。

 

さらに、老化防止に有効とされている核酸や脳内の神経伝達物質を増やすとされているチロシンも多く含まれているので、ボケ防止にも効果的です。

 

イワシは骨粗鬆症にも効果的

イワシにはカルシウムが100g中70mgと豊富に含まれています。

 

マイワシの丸干しは440mg、うるめイワシの丸干しは570mg、かたくちいわしの煮干しは2200mgです。

 

また、カルシウムの吸収を助けるビタミンDも多く含まれているので、効率的にカルシウムを吸収する事ができます。

 

骨粗鬆症を患えば、ちょっと転んだだけで骨折することにもなり、寝たきりになるリスクが高くなる病気です。

 

そんな骨粗鬆症にならない為にも普段からカルシウムを摂るようにする事がとても大切なことですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ