かつおにはミネラルやビタミンが豊富。DHAやナイアシンなどの栄養も

katuo

かつおの栄養について

かつおはたんぱく質が多く、脂肪が少ない魚です。

 

たんぱく質の含有量はまぐろの赤身に匹敵する程の含有量。

 

このたんぱく質は、タウリンが含まれていますが、タウリンには肝機能を改善したり、血液中のコレステロール値を改善する効果が期待できます。

 

日頃ビールや日本酒、それにワインなどのアルコール飲料を飲み過ぎて健康を崩しがちな中高年男性の酒のつまみには最適。

 

血合いまで食べられるかつおの栄養

かつおは煮ても焼いても刺身にしても、血合いまで食べることができる魚。

 

普通、魚の血合い部分は栄養価が高くても、味に癖があるためにあまり食べられることはない。

 

特に、マグロのような大きな魚の場合は血合いの部分は最初から取り除かれている。

 

白身魚の場合は、血合い部分が目立つこともあって、食べ残されてしまう事が多く、小魚の場合は全部食べたとしても血合い部分がそもそも少ない。

 

かつおに関しては、血合いを取り除かかなければいけないほどの大きな魚ではないし、身の部分が血合いと同じような色をしているので、普通に食べることができる。

 

かつおの血合い部分の栄養

かつおの血合いにはミネラルやビタミンB群が豊富に含まれています。

 

かつおに含まれるミネラルには、造血作用を促進し、貧血を予防する鉄や銅などが含まれていて、男性ホルモンを活発にする亜鉛、心臓の筋肉の働きを調節し、心臓疾患を予防するマグネシウムなどが含まれています。

 

またビタミンB群に関しては、疲労回復に効果的なビタミンB1、細胞の再生を活性化を促すビタミンB2、たんぱく質の合成を助け肌の健康をに役立つビタミンB6、悪性の貧血を予防し筋肉を正常に働かせる美ビタミンB12などがあります。

 

かつおの目にはDHA、EPA、ナイアシンなどの栄養も

かつおの目の後ろに脂肪にはDHAが多く含まれています。

 

DHAは、脳細胞の活性化によって学習能力を高める作用があるとともに、コレステロール値の低下、血管をしなやかにする作用もあります。

 

また、ナイアシンにも脳と神経系の健康を保つ働きがあるために、かつおの目に後ろについている脂肪は栄養満点、といってもいいでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ