小魚の栄養成分といえばカルシウム。骨粗鬆症予防や精神安定に!

kozakana

小魚の栄養

小魚にはカルシウムが豊富に含まれていることはよく知られた事実ですね。

 

特に、乾燥させた小魚には非常に多くのカルシウムが含まれています。

 

さらに、マグネシウムや鉄、亜鉛といったミネラル類も多く含まれていて、まさに栄養の宝庫と言ってもいいかも知れません。

 

今はアーモンドなどと一緒にパックされたものなどがありますが、おいしく食べれる工夫がされたものは数多くあります。

 

ここでは小魚に含まれる代表的な栄養素であるカルシウムについて解説していますので参考にしてみて下さい。

 

 

小魚のカルシウムは骨粗鬆症を予防する

カルシウムは99%は骨や歯の構成成分として体内で利用されます。

 

残りは血液などの体液に含まれて、常に一定の濃度に保たれています。

 

体内でカルシウムが不足し始めると、体液の濃度(カルシウムの濃度)を保つため、骨からカルシウムをとかし、その濃度を一定に保とうとします。

 

すると、骨はだんだんとカルシウムが少なくなり、もろくなります。

 

普段からカルシウムを十分に摂取することが必要な理由です。

 

小魚には、カルシウムがたっぷりと含まれているので、骨を丈夫にするには最適な食材だといえます。

 

ただ、問題なのは、カルシウムは単独で摂取したとしても、体内で有効に利用されにくい栄養成分です。

 

特に、骨にカルシウムをしっかりと定着させるためには、ビタミンDを一緒に摂取する事が欠かせません。

 

小魚にはカルシウムが非常に多く含まれていると同時に、このカルシウムの吸収を助けてくれるビタミンD、さらにカルシウムの働きを調節してくれるマグネシウムもまた豊富です。

 

骨粗鬆症の予防にはこうした理由から小魚でカルシウムを摂るのが非常に有効なんですね。

 

小魚のカルシウムは精神を安定させる

カルシウムには興奮、イライラなどの精神が乱れた状態を整える働きがあります。

 

その為に、小魚はストレスの緩和、精神安定にも有効とされています。

 

仕事や家事などでストレスを抱え込んでいる時には、日頃の食生活に小魚を加えてみはいかかでしょうか?

 

何気なく食べている小魚が、精神の安定に貢献してくれます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ