オメガ3オイルの効果は全身に!脳や肌、中性脂肪、アトピー、血液に

yorokobuzyosei

オメガ3オイルが不足しがちな現代人

亜麻仁油やエゴマ油、それにシソ油に多く含まれるオメガ3。

 

 

このオメガ3オイルは、他のゴマ油や大豆油、コーン油などのオメガ6オイルと摂取バランスが大事になってきますが、とかくオメガ3オイルの量が少なくて、オメガ6オイルばかりを摂取しがちです。

 

 

このバランスは一般的にはオメガ3が1に対して、オメガ6が4が良いとされていますが、実際にはほとんどがオメガ6ばかりというのが実情。

 

 

そんななかでオメガ3を積極的に取り入れることで、体の不調の改善も期待されるといわれています。

 

 

オメガ3オイルが体に言い理由

オメガ3オイルが体にいい理由は2ある。

 

 

それは体のなかである物質を作り出す材料となるから。

 

 

一つは、細胞の膜。

 

 

この膜は、細胞の内外の栄養素のやりとりが情報の伝達をコントロールするという働きがあります。

 

 

オメガ3が不足すると、この働きが低下してしまいます。

 

 

もう一つは脂質から作られるホルモン様物質。

 

 

ホルモン様物質は、炎症やアレルギー、癌、それに動脈硬化などに関係する物質だが、オメガ3オイルが不足している状態だと、この性質が変化することによって、体に不調をきたすことになってしまいます。

 

 

 

オメガ3オイルの6の効果

 

オメガ3オイルで脳細胞が活性化し、うつ状態も改善!

 

オメガ3オイルが不足すると、脳細胞にダメージが与えられると考えられ、記憶機能に影響を与えるといわれています。

 

オメガ3オイルの不足が解消されれば、脳が活性化されることで、うつの状態も改善するとみる研究者は多いんですよ。

 

 

オメガ3オイルで肌荒れ改善。水分量もアップ!

オメガ3オイルによって細胞膜の機能が高まると、肌のハリがアップします。

 

オメガ3オイルを積極的にとることで、肌の水分量がアップし、肌質もしっとりとしたという声が多いようですね。

 

 

オメガ3オイルで血中の中性脂肪の増加を抑制

リン脂質から作られるホルモン様物質は、オメガ3オイルとオメガ6オイルのバランスが改善されると肝臓での中性脂肪の合成にかかわる遺伝子の発現を抑える方向に作用します。

 

脂質代謝が改善されれば、メタボリック症候群の対策にも期待あり。

 

 

オメガ3オイルで炎症を抑制。花粉症やアトピー性皮膚炎も

リン脂質から作り出されるホルモン様物質は、オメガ6オイルが多い状態だと炎症を促す方向に作用する事が多い。

 

オメガ3オイルとのバランスがとれる事で、アレルギー症状が起きにくくなるとされています。

 

 

オメガ3オイルで血液もサラサラに

リン脂質から作られるホルモン様物質は、オメガ6オイルが多すぎる状態である場合、血小板などの免疫細胞を活性化しやすくなり、血栓ができやすくなってしまいます。

 

オメガ3オイル今までも多く取り入れることで、血栓ができにくく、血液もサラサラになりやすい。

 

そうなれば、全身への血液の循環もよくなり、代謝が上がったり、冷え症の改善にもつながるんですよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ