さくらえびの栄養にはカルシウム以外に不飽和脂肪酸や食物繊維もある

sakuraebi

さくらえびの栄養といえばカルシウム

他のエビと比較しても栄養価は高い。特にミネラル類が豊富。この違いはさくらえびそのものの特徴というより食べ方の違いにある。他のエビは身だけを食べるのに対して、さくらえびは頭も殻も食べる。もっといえば内臓も食べる。そのためカルシウムの摂取量などは他のえびと比べても桁違いになってくる。

 

 

殻ごと食べるさくらえびのカルシウムの量は他のえびに比べて、約15倍にもなるとされています。成長期に多くのカルシウムが必要になる子供や、カルシウム不足から骨粗鬆症になるリスクがある高齢者には好適な食品といってもいいでしょう。

 

 

えびの殻に含まれているカルシウムは吸収率を考えると、牛乳に比較しても劣っているのですが、カルシウムの量そのものが多いために、吸収率の低さを補うので、カルシウム不足の解消にはえびの殻は重宝します。

 

さくらえびの栄養と不飽和脂肪酸

さくらえびは脂質が多く、不飽和脂肪酸も多く含まれています。

 

特に、生活習慣病を予防する多価不飽和脂肪酸が他のエビに比べて多く含まれています。

 

ただ、動脈硬化を進めると言われている飽和脂肪酸も同じように多いので、さくらえびの食べ過ぎには注意が必要。

 

さくらえびはゆでる際に塩を使うために、さくらえびを食べるとなるとそれだけ塩分を摂取してしまうことにもなります。

 

塩分の摂りすぎは、血圧にも悪い影響を与えるために、やはり食べ過ぎには注意をしましょう。

 

さくらえびの栄養と食物繊維の多さ

さくらえびの栄養面におけるもう一つの特徴とし、食物繊維の豊富さがあります。

 

食物繊維というと、野菜や芋類、それに豆類を思い浮かべる人も多いかも知れないですが、えびの殻にも実は食物繊維は含まれています。

 

えびに殻に含まれている食物繊維はキチン質と呼ばれる不溶性の食物繊維で、人の消化器官では消化されずに排泄されます。

 

その時、糖尿病の原因である高脂血症、糖質の原因となるコレステロールや高血圧の引き起こす塩分なども一緒に排泄してくれます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ