チーズの栄養は肝臓に【効果的?】コレステロールや塩分には要注意!

ti-zu

チーズの栄養

チーズは牛乳や山羊乳のエッセンスを凝縮した食品という事ができます。

 

それだけに栄養価も高いことで知られています。

 

チーズの栄養は製法や原料とする乳の種類にもよりますが、一般的なプロセスチーズの場合は、たんぱく質、脂質、ビタミンAは牛乳の約7倍、カルシウムは約6倍、ビタミンB2も約2倍含まれています。

 

さらに、発酵、熟成のプロセスを経るなかで、たんぱく質や脂質が体に吸収されやすい形になっていく点も特徴的。

 

チーズは健康に対して有効な食品という事ができます。

 

チーズのたんぱく質は肝臓に効果的

チーズのたんぱく質は、冷え症や虚弱体質、胃潰瘍、肝臓病などの改善に有効とされています。

 

そのなかでも、肝機能を強化する働きを持つアミノ酸の一種であるメチオニンが豊富であることから肝臓の調子がよくない人には適した食品という事ができます。

 

酒の肴として食べれば、アルコールの分解を助け、悪酔いや二日酔いの防止にも役立ちます。

 

チーズのその他の栄養と効果

チーズに含まれるビタミンAは、気管支炎や鼻炎、疲れ目やドライアイ、肌荒れや髪の傷みの改善に有効とされています。

 

また、カルシウムについては、骨粗鬆症やくる病、などの骨に関する病気以外にも、イライラや情緒不安定、不眠症や高血圧などの改善にも効果的。

 

ナチュラルチーズの乳酸菌や酵素

牛乳や山羊乳、羊乳などを原料にして、酸や酵素を加えて凝固させ、さらに発酵熟成のみを行ったチーズをナチュラルチーズといいます。

 

加熱加工がされていないこのチーズをナチュラルチーズの場合、乳酸菌や酵素が生きたまま含まれていることも特徴的です。

 

常食すればヨーグルトと同様に腸内の善玉菌の増加を促し、便秘や痔、それに吹き出物などの予防や解消にも有効です。

 

チーズはコレステロールと塩分には注意!

チーズは栄養的に優れた食品であることは間違いないですが、エッセンスが凝縮されている分、エネルギー量やコレステロール値は高く、塩分も多いため食べ過ぎには要注意です。

 

肥満やコレステロールが気になる場合は、低脂肪で塩味のついていない、プレーンタイプのカテージチーズなどがおすすめです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ