鶏肉の栄養と効果!体力回復、美容、肝機能の活性化に役立つ!

toriniku

鶏肉の栄養

鶏肉には含まれる主な栄養素はタンパク質と脂質です。

 

また、ビタミンAの一種であるレチノールは内臓類に比べれれば、少ないですが、他の獣肉に比べると多めに含まれています。

 

他には、ビタミンB群も比較的の豊富に含まれています。

 

鶏肉のこれらの栄養素は、疲労回復や倦怠感、スキンケアや髪の傷みに効果的であるといえますが、どの栄養がどんな効果を期待できるのでしょうか?

 

ここでそんな鶏肉の栄養と効果について解説していきます。

 

鶏肉に含まれるたんぱく質は体力回復に効果的

鶏肉に含まれるたんぱく質は、肉の繊維が細く柔らかいのが特徴的で、そのためにたんぱく質の消化吸収率が高く、むかしから効き目の早い滋養食として利用されてきました。

 

特に、病人や高齢者、胃腸が弱い人には最適なたんぱく源で、虚弱体質、病後の体力気力の低下、疲労倦怠感などに効果的です。

 

鶏肉にはコラーゲンもたっぷりで美容に効果的

鶏肉の手羽先、骨付きもも肉などの骨の周りの部分には、コラーゲンがたくさん含まれています。

 

コラーゲンは皮膚や髪、爪の形成に不可欠な材料であり、さらに鶏肉には皮膚や髪、粘膜の健康を保つレチノール、ビタミンB2、ナイアシンといった美容に効果的な栄養も多く含まれています。

 

肌荒れや、年齢肌、髪のパサつきに予防には鶏肉は有効な食品という事ができるでしょう。

 

鶏肉に含まれるメチオニンは肝臓の機能を活性化

鶏肉にはメチオニンと呼ばれる必須アミノ酸の一種が含まれています。

 

メチオニンには、肝臓の機能を活性化する働きがあり、脂肪肝などの肝疾患の予防や症状の改善に効果的です。

 

脂肪分の少ないささみであれば、脂質やエネルギー量が少ないので、お酒が好きな人にもおすすめできます。

 

鶏肉は他に肉類と違って脂身を気にしなくて良い

鶏肉は、獣肉と違って、肉と脂肪が霜降り状になることがなく、脂肪のほとんど含んでいる皮させ取り除けば、脂身はほとんどありません。

 

特に、ささみ部分に関していえば、食肉のなかでも№1と言ってもいいほどの高タンパク質脂肪食品になります。

 

さらに、脂質には不飽和脂肪酸のオレイン酸やリノール酸が高い割合で含まれているので、コレステロール値を気にする必要もほとんどありません。

 

生活習慣病が気になる人には良い食肉と言えます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ