ヨーグルトの栄養。乳糖不耐症の食べれて、腸内環境を良好に!

yoguruto

ヨーグルトの栄養には

ヨーグルトに含まれる主な栄養には、たんぱく質、脂質、カルシウム、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンD、ビタミンEなどがあります。

 

基本的には原料となる牛乳とさほど変わりはありませんが、ビタミンB2やカルシウムについては発酵作用によって牛乳よりも多く含まれています。

 

ヨーグルトは消化吸収に優れ、乳糖不耐症の人も食べれる

ヨーグルトは乳酸菌の働きによって、たんぱく質や脂質などが既に分解された状態になっています。

 

その為消化吸収率が高いのが特徴的。

 

牛乳の2~3倍の速さで体に吸収され、さらに乳糖不耐症の人が食べても、お腹の調子が悪くなる事が少ないというメリットがあります。

 

ヨーグルトはこうした理由から小さい子供や高齢者の方をはじめ、どんな人でもおすすめできる栄養食品という事ができるでしょう。

 

ヨーグルトで腸内環境のバランスが良好に

ヨーグルトをいつも食べていると、腸内の細菌のバランスが良好に保つ事ができます。

 

人の腸には約100兆個もの最近が住んでいると言われますが、そのなかには体に好ましい働きをしてくれる善玉菌、悪い栄養を及ぼす悪玉菌、そして普段は目立った働きはない日和見菌が存在しています。

 

これらの細菌は常に勢力争いをしていて、善玉菌が多くなると悪玉菌の活動や増殖を抑制してくれ、体の調子を整えてくれるサポートをしてくれます。

 

逆に、悪玉菌が増えてしまうと、善玉菌の活動が低下して、日和見菌まで体に悪影響を及ぼすようになります。

 

そのため、腸内の細菌のバランスは善玉菌を常に優勢に保つことが健康上大切になってきます。

 

ヨーグルトで善玉菌を増やす

善玉菌の代表的な細菌にビフィズス菌があります。

 

ヨーグルトにはビフィズス菌を好むオリゴ糖や乳糖を豊富に含んでいます。

 

ヨーグルトを食べることで、オリゴ糖や乳糖を体のなかに取り入れ、ビフィズス菌を増やすことによって、腸内の細菌のバランスを善玉菌優勢に保つことができるようになります。

 

また、ヨーグルトのなかには生きた乳酸菌がありますが、この乳酸菌もまた腸内のビフィズス菌の増殖を助けるために、善玉菌優勢の腸内環境を作りやすくしています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ