不動産の人気がある物件は売れるのが早いの事実だと思います。

売りにでてから数日で何件もの申込みがある物件もあります。

ですが、マイホームはほとんどの人にとっては一生で1番高い買い物ですよね。

売れてしまってはいけないと焦ることで、判断を間違ってしまう可能性がでてきてしまいます。

もし、不動産の営業マンに「早く決めないと売れてなくなりますよ。」と焦らされる言葉をかけられた時は、一度冷静になるように自分自身に言い聞かせましょう。

そして、仮に考えている間に売れてしまった時は縁がなかったと考えて、他の物件を納得ができるまで検討する方が最終的に良い結果に繋がりやすくなります。

ただ、物件の相場感を知っておく事はやはり大事。

相場の感覚は、多くの物件を見ることで培われます。

多くの物件を見ていると、「この物件はこの地域、この築年数であれば安い方だな」という感覚が自然に培われてきます。

今はそれこそネットでも数多くの物件が、不動産屋のホームページなどでもチェックする事ができるので、1日1物件をチェックしていくだけでも相当な相場感覚が培われます。

ただ、注意しないといけないのhあ、相場よりも安くて、人気のエリアの物件などは、ネットに載る前に不動産業者が見込み客に先に案内してしまう場合もあります。

つまり、相場よりも安く、人気エリアの物件をネットに載る前に知るためには、そうした物件が出たことをすぐに連絡してくれるような不動産業者と城宇に付き合う事が大事になってくるんですね。

これこそが良い物件を手に入れる方法、と言えます。

スポンサードリンク